メインワイヤリングハーネス取り付けに関する 改善対策(リコ...
TOP > press > メインワイヤリングハーネス取り付けに関する 改善対策(リコ...
2016.12.22

メインワイヤリングハーネス取り付けに関する
改善対策(リコール)について

平素はKTMモーターサイクルをご愛用賜り誠にありがとうございます。
さて、2016年12月21日に国土交通省へ下記の通りリコールを届け出ました。
ご愛用いただいております皆さまには、ご迷惑をおかけいたしますこと衷心よりお詫び申し上げます。

下記対象車両にて電気配線の配索設計が不適切なため、メインハーネスとアンチロックブレーキシステム(ABS)モジュレータが干渉しているものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、メインハーネスの被覆が損傷し、損傷箇所からABSモジュレータに電流が流れて当該モジュレータ内部のコントロールユニットが破損してしまい、ABS警告灯が点灯して、ABSが作動しないおそれがあります。このような懸念に対応するため、全車両、メインハーネスの点検、及びハーネスをシートフレームに固定する対策作業を実施いたします。
つきましては、早急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号 外-2417 〔制動装置〕(ABS)及び〔電気装置〕(メインハーネス)
 
◆リコール開始日 平成28年12月22日
 
◆対象車両 2013年式~2016年式 1190ADVENTURE,1190ADVENTURE R
2015年式~2016年式 1290SUPER ADVENTUR
(リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
 
◆対策作業内容 全車両、メインハーネスを点検し、損傷がない場合は、メインハーネスをシートフレームに固定します。
また損傷がある場合は、さらにABSモジュレータを点検し、異常が認められる場合は、当該モジュレータを良品と交換したうえでメインハーネスを修理し、シートフレームに固定します。
 
◆お願い 作業を迅速に行うため、最寄りのKTM正規ディーラーに予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。
迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。
是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
 
以上