RECALL INFOMATION / リコール情報

KTMモーターサイクルに関するリコール・改善対策情報をご連絡致します

KTMジャパンではお客様の安全を最優先に考え、リコール・改善対策を早期実施するために、KTMジャパンまたはKTM正規ディーラーからお客様宛てにダイレクトメールまたは電話等でご案内させていただきます。モーターサイクルの転売や譲渡、またはお客様の住所変更等でご案内できない場合がありますので、本サイトで改めてご案内させていただきます。

リコール・改善対策のお済みでない対象車両をお持ちのお客様は、最寄りのKTM正規ディーラーへご連絡いただき、修理点検(無料)を受けていただきますようお願い申し上げます。

お客様へはご心配・ご迷惑をおかけ致しましたことを、心よりお詫び申し上げます。

リコール対象車両一覧
2016.12.22 2013年式〜2016年式 1190ADVENTURE,1190ADVENTURE R、2015年式~2016年式 1290 SUPER ADVENTURE
2016.11.11 2015年式〜2016年式 1290 SUPER ADVENTURE
2015.11.16 2012年式~2016年式 FREERIDE 350、2014年式~2016年式 FREERIDE 250 R
2015.07.23 2014年式 1290 SUPER DUKE R
2015.04.28 2014年式 690SMC R
2014.11.26 2015年式 125EXC 6DAYS、250EXC 6DAYS、250EXC-F 6DAYS、350EXC-F 6DAYS、500EXC 6DAYS
2014.11.01 2009年式~2013年式 990 SMT、2012年式~2013年式 990 SMR、2012年式~2014年式 690 SMC R、2013年式~2014年式 1190 RC8 R、
2014.06.12 2014年式 690ENDUERO R、690SMC R
2013.05.24 2013年式 200EXC、250EXC、250EXC SIX DAYS
2013.04.19 2010~2012年式 200EXC、250EXC、250EXC SIX DAYS、250EXC-F、250EXC-F SIX DAYS、350EXC-F、350EXC-F SIX DAYS、FREERIDE 350、400EXC、450EXC、450EXC SIX DAYS、500EXC、500EXC SIX DAYS、530EXC SIX DAYS
2013.02.25 2012年式 250 EXC-F SIX DAYS、500 EXC、FREERIDE 350、990 SMR
2012.06.29 2012年式 690DUKE, 990ADVENTURE, 990SM T, 990SM R
2011.08.31 2011年式 125DUKE
2009.07.28 2009年式 690 ENDURO-R
2009.04.09 2009年式 690 DUKE
2007.12.12 2007年式 990SUPERDUKE R
2007.07.26 2007年式 200/250EXC, 250EXC-F, 525EXC-R
2007.07.26 2006年式 250SX-F、2007年式 125SX, 250/450SX-F 《SX/SXF(競技専用)モデル》
2007.06.22 2003年~2007年式 950/990Adventure (S) 950Supermoto 950Superenduro R
2007.06.13 2007年式 690 Supermoto及び690 Supermoto Prestige
2007.06.07 2007年式 990ADVENTURE ABS, 990 ADVENTURE S, 950 SUPER ENDURO R
2007.04.27 2006年式 990 SUPERDUKE
2006.08.21 2006年式 990 ADVENTUREモデル(Sモデル除く)
2005.7.26 1999~2003年式 400/640LC4E、640アドベンチャーモデル
2005.7.26 2005年式 990 SUPERDUKEモデル
2004.11.8 1999~2003年式 400/640LC4E、640アドベンチャーモデル

2013年式〜2016年式 1190ADVENTURE,1190ADVENTURE R、2015年式~2016年式 1290 SUPER ADVENTURE
2016年12月22日

下記対象車両にて電気配線の配索設計が不適切なため、メインハーネスとアンチロックブレーキシステム(ABS)モジュレータが干渉しているものがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、メインハーネスの被覆が損傷し、損傷箇所からABSモジュレータに電流が流れて当該モジュレータ内部のコントロールユニットが破損してしまい、ABS警告灯が点灯して、ABSが作動しないおそれがあります。このような懸念に対応するため、全車両、メインハーネスの点検、及びハーネスをシートフレームに固定する対策作業を実施いたします。
つきましては、早急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号 外-2417 〔制動装置〕(ABS)及び〔電気装置〕(メインハーネス)
◆リコール開始日 平成28年12月22日
◆対象車両 2013年式~2016年式 1190ADVENTURE,1190ADVENTURE R、2015年式~2016年式 1290SUPER ADVENTUR
(リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
◆対策作業内容 全車両、メインハーネスを点検し、損傷がない場合は、メインハーネスをシートフレームに固定します。
また損傷がある場合は、さらにABSモジュレータを点検し、異常が認められる場合は、当該モジュレータを良品と交換したうえで
メインハーネスを修理し、シートフレームに固定します。
お願い 作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。
迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、
ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

2015年式〜2016年式 1290 SUPER ADVENTURE
2016年11月11日

下記対象車両の電子制御式リアショックアブソーバにおいて、制御プログラムが不適切なため、ショックアブソーバ圧縮時にラバーシール部に過大な圧力がかかりオイルが漏れることがあります。そのままの状態で走行を続けると、最悪の場合ショックアブソーバが破損し走行安定性を損なう恐れがあります。このような懸念に対応するため、全車両、リアショックアブソーバを点検(必要であれば交換)し、制御プログラムを書き換える対策作業を実施いたします。
つきましては、早急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号 外-2336 〔緩衝装置〕(ショックアブソーバ)
◆リコール開始日 平成28年11月11日
◆対象車両 2015年式~2016年式 1290 SUPER ADVENTUR
(リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
◆対策作業内容 全車両、リアショックアブソーバを点検し、オイルが漏れていないものは制御プログラムを書き替える。
オイルが漏れているものはリアショックアブソーバ式を新品に交換する。
お願い 作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。
迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、
ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

2012年式~2016年式 FREERIDE 350、2014年式~2016年式 FREERIDE 250 R
2015年11月16日

下記対象車両の燃料タンク内圧力を調整するベントホースにおいて、当該ホースの設計が不適切なため、エンジンの熱で燃料タンクの圧力が上がると、当該ホースから燃料が流出するおそれがあります。そのため、流出した燃料がフレームを伝い、最悪の場合、エンジン付近に滴下し、火災に至るおそれがあります。こうした懸念に対応するため、全車両、ベントホースに対策品のブリーザーバルブを取り付け、また当該 ホースの取り回しを変更する対策作業を実施いたします。つきましては、早急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号 外-2256 〔燃料タンク〕(ベントホース)
◆リコール開始日 平成27年11月16日
◆対象車両 2012年式~2016年式 FREERIDE 350
2014年式~2016年式 FREERIDE 250 R
(リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
◆対策作業内容 全車両、ベントホースに対策品のブリーザーバルブを取り付ける。
また、当該ホースの取り回しを変更する。
お願い 作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることを
お勧め致します。迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただく
こともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

2014年式 1290 SUPER DUKE R
2015年07月23日

下記対象車両の燃料タンクにおきまして、タンク内部のオーバーフローホースを固定するためのネジ穴がタンク外側でふさがれていないものあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、燃料が漏れ、最悪の場合、車両火災に至るおそれがあります。このため、全車両、燃料タンクを点検し、該当する場合は対策品のシールガスケットを使用しネジ穴をふさぐ対策作業を実施いたします。また、当該箇所からすでに燃料漏れが確認できる場合は、燃料タンクを交換いたします。つきましては、早急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号 外-2256 〔燃料タンク〕
◆リコール開始日 平成27年07月23日
◆対象車両 2014年式 1290 SUPER DUKE R
(リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
◆対策作業内容 全車両、燃料タンクを点検し、該当する場合は対策品のシールガスケットを使用しネジ穴をふさぐ。
また、当該箇所から燃料漏れが確認できる場合は、燃料タンクを交換する。
お願い 作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。
迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、
ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

2014年式 690 SMC R
2015年04月28日

下記対象車両におきまして、前輪取付部のホイールスペーサーに、誤品が組み付けられたものがあります。そのため、前輪にガタが生じ、そのまま使用を続けるとブレーキディスクが損傷し、最悪の場合前輪ブレーキ制動力の低下及びABSシステムの機能に支障をきたすおそれがあります。このため、全対象車両、前輪を点検し、誤品が組み付けられているものは正規品と交換する対策作業を実施いたします。つきましては、早急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号 外-2167 〔走行装置(前車輪、ハブ)〕
◆リコール開始日 平成27年04月28日
◆対象車両 2014年式 690 SMC R
(リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
◆対策作業内容 全対象車両、前輪を点検し、誤品が組み付けられているものは正規品と交換する。
お願い 作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。
迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、
ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

2009年式~2013年式 990 SMT、2012年式~2013年式 990 SMR、2012年式~2014年式 690 SMC R、2013年式~2014年式 1190 RC8 R,、
2014年10月31日

下記対象車両に装着されております一部のコンチネンタル製フロントタイヤにおいて、スチールベルト層の構造設計が不適切なため、走行中の衝撃等によりスチールベルトコード付近に局部的に剥離が発生するものがあります。そのためそのままの状態で使用を続けると剥離が拡がり、タイヤが変形して、最悪の場合、エア漏れに至るおそれがあることが判明いたしました。
このため、対象となるフロントタイヤに関しましては、代替品に交換する対策作業を実施いたします。つきましては、早急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号 外-2107 〔タイヤ(スチールベルト部からのエア漏れ)〕
◆リコール開始日 平成26年11月1日
◆対象車両 2009年式~2013年式 990 SMT
2012年式~2013年式 990 SMR
2012年式~2014年式 690 SMC R
2013年式~2014年式 1190 RC8 R
(リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
◆対策作業内容 全対象車両、装着タイヤを点検し、当該のタイヤを装着している場合には代替品のタイヤと交換いたします。
お願い 作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。
迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、
ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

2015年式 125EXC 6DAYS、250EXC 6DAYS、250EXC-F 6DAYS、350EXC-F 6DAYS、500EXC 6DAYS
2014年11月25日

下記対象車両におきまして、左右フロントフォークにおいて、内部のロックナットの締め付けが不適切なため、使用過程で、当該ロックナットが緩むものがあります。そのため、異音や走行安定性の支障が発生し、最悪の場合、フロントフォークがロックするおそれがあります。このため全車両、左右フロントフォークを点検し、ロックナットに緩みがあるものは、適切に締め付ける対策作業を実施いたします。また、ロックナットの緩みによりフロントフォーク内部部品が損傷している場合には、損傷箇所を新品に交換いたします。つきましては、早急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号 外-2118 〔緩衝装置(フロントフォーク)〕
◆リコール開始日 平成26年11月26日
◆対象車両 2015年式 125EXC 6DAYS
2015年式 250EXC 6DAYS
2015年式 250EXC-F 6DAYS
2015年式 350EXC-F 6DAYS
2015年式 500EXC 6DAYS
(リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
◆対策作業内容 全対象車両、左右フロントフォークを点検し、ロックナットに緩みがあるものは、適切に締め付ける作業を実施いたします。
また、ロックナットの緩みによりフロントフォーク内部部品が損傷している場合には、損傷箇所を新品に交換いたします。
お願い 作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。
迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、
ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

2009年式~2013年式 990 SMT、2012年式~2013年式 990 SMR、2012年式~2014年式 690 SMC R、2013年式~2014年式 1190 RC8 R,、
2014年10月31日

下記対象車両に装着されております一部のコンチネンタル製フロントタイヤにおいて、スチールベルト層の構造設計が不適切なため、走行中の衝撃等によりスチールベルトコード付近に局部的に剥離が発生するものがあります。そのためそのままの状態で使用を続けると剥離が拡がり、タイヤが変形して、最悪の場合、エア漏れに至るおそれがあることが判明いたしました。
このため、対象となるフロントタイヤに関しましては、代替品に交換する対策作業を実施いたします。つきましては、早急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号 外-2107 〔タイヤ(スチールベルト部からのエア漏れ)〕
◆リコール開始日 平成26年11月1日
◆対象車両 2009年式~2013年式 990 SMT
2012年式~2013年式 990 SMR
2012年式~2014年式 690 SMC R
2013年式~2014年式 1190 RC8 R
(リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
◆対策作業内容 全対象車両、装着タイヤを点検し、当該のタイヤを装着している場合には代替品のタイヤと交換いたします。
お願い 作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。
迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、
ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

2014年式 690ENDUERO R、690SMC R
2014年6月12日

下記対象車両におきまして、フットブレーキペダルをフットレストブラケットに取り付けるスクリューの締め付けが不適切なため、ブレーキ操作等によりスクリューが緩むものがあります。そのため、最悪の場合、走行中にスクリューとともにフットブレーキペダルが脱落してリアブレーキ操作ができなくなるおそれがあります。このため、対象車両のスクリュー、ワッシャー及び緩み止めワッシャーを新品に交換し、適正トルクで締めつける対策作業を実施いたします。つきましては、早急にKTM正規 ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号:外-2050 〔制動装置(フットブレーキペダル)〕
◆リコール開始日:平成26年6月12日
◆対象車両: 2014年式 690ENDURO R、2014年式 690SMC R
     (リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。)
◆対策作業内容:全対象車両、フットブレーキペダル取り付けスクリュー、ワッシャー及び、緩み止めワッシャーを新品に交換いたします。

お願い:作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。 迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。

2013年式 200EXC、250EXC、250EXC SIX DAYS
2013年5月24日

下記対象車両におきまして、スロットルグリップ上部ハウジングの成形が不適切なため、当該ハウシング内部において、まれにスロットルケーブルワイヤーがローラーからはずれ、ハウジングとローラーの間に挟まることがあるため、スロットルグリップを戻してもエンジンの回転がすぐに下がらず、最悪の場合、エンジン回転が固定されたままになります。
ついては、早急にKTM正規 ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号:外-1929
◆リコール開始日:平成25年5月24日
◆対象車両:2013年式 200EXC、250EXC、250EXC SIX DAYS
      ※リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。
      ※また、リコール対象車両としては2013年モデルの200EXC, 250EXC, 250EXC SIX DAYSの3車種となっており、競技専用車両としての85SX, 125EXC SD,
      125SX, 150XC, 300XC-Wはリコール扱い車両とはなりません。しかし、当不具合改善措置対象車両となりますので、リコール対象車両と同様に
      改善対策無償修理をさせていただきます。
◆対策作業内容:全車両、スロットルグリップ上部ハウジングを良品に、ローラーとブッシュを対策品に交換いたます。

お願い:作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。 迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。 是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
2010~2012年式 200EXC、250EXC、250EXC SIX DAYS、250EXC-F、250EXC-F SIX DAYS、350EXC-F、350EXC-F SIX DAYS、FREERIDE 350、400EXC、450EXC、450EXC SIX DAYS、500EXC、500EXC SIX DAYS、530EXC SIX DAYS
2013年4月19日

下記対象車両におきまして、消音器の騒音低減機構(マフラー)を容易に除去できる構造(トルクスネジによる固定)であるため保安基準第30条に抵触する状態です。このため、対象車両の装置をリベット留めに変更します。また、排気管の開口部に脱着可能なキャップを取り付けている車両については、キャップを取り外せないよう溶接して固定いたします。
ついては、早急にKTM正規 ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号:外-1910
◆リコール開始日:平成25年4月19日
◆対象車両:2010~12年式
       200EXC、250EXC、250EXC SIX DAYS、250EXC-F、250EXC-F SIX DAYS、350EXC-F、350EXC-F SIX DAYS、FREERIDE 350、
      400EXC、450EXC、450EXC SIX DAYS500EXC、500EXC SIX DAYS、530EXC SIX DAYS
      ※リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。
◆対策作業内容: 対象車両のトルクスネジをリベット留めに変更します。排気管開口部の脱着可能なキャップは溶接して固定します。

お願い:作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。 迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。 是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
2012年式 250 EXC-F SIX DAYS、500 EXC、350 FREERIDE、990 SMR
2013年2月26日

下記対象車両におきまして、燃料ホースの強度が不足しているため、燃料の圧力により当該燃料ホースが損傷して燃料が漏れることがあり、最悪の場合、漏れた燃料がエンジンに付着して出火する恐れがございます。このため、対象車両の燃料ホースを良品に交換させて頂きます。
ついては、早急にKTM正規 ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無償)をお受けいただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号:外-1887
◆リコール開始日:平成25年2月26日
◆対象車両:2012年式 250 EXC-F SIX DAYS
      2012年式500 EXC
      2012年式 FREERIDE 350
      2012年式 990SM R
      ※リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。
◆対策作業内容: 対象車両の燃料ホースを良品と交換いたします。

お願い:作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。 迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。 是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
2012年式 690DUKE, 990ADVENTURE, 990SM T, 990SM R
2012年6月29日

下記対象車両において、速度計に赤色ABS警告ランプが搭載されており、そのままご使用いただくと保安基準不適合となる恐れがあります。このため、対象車両の速度計を黄色ABS警告ランプを搭載した対策済み速度計と交換させて頂きます。
つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)をうけていただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号:外-1851 〔速度計(ABS警告ランプ)〕
◆リコール開始日:平成24年6月29日
◆対象車両:2012年式 690DUKE
      2012年式 990ADVENTURE
      2012年式 990SM T
      2012年式 990SM R
      ※リコール対象車両の範囲には対象とならない車両も含まれている場合があります。
◆対策作業内容:象車両の速度計を黄色ABS警告ランプの対策品と交換

お願い:作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。 迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。 是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
2011年式 125DUKE
2011年8月31日

2011年式 125DUKEの前輪制動装置のブレーキキャリパーにおいて、ブレーキキャリパーの組み付けボルトのトルク値が不適切なものがあり、 そのため、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキフルードが漏れ、油圧が減少し、制動力が低下する恐れがあります。
つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)をうけていただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号:外-1777 〔制動装置(ブレーキキャリパー)〕
◆リコール開始日:平成23年8月31日
◆対象車両:2011年式125DUKE (平成23年3月29日~平成23年8月26日)
◆対策作業内容:ブレ-キキャリパーの組み付けボルトを適切なトルク値で増し締めする。

お願い:
作業を迅速に行うため、最寄りの正規ディーラーに 予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。 迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。 是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
2009年式 690 ENDURO-R
2009年7月28日

2009年式 690 ENDURO-Rの速度計のソフトウェアが不適切なため、速度計の配線、又はバッテリーの配線を外す作業を行った場合、速度計の表示が実際の速度より速い数値が表示されるおそれがあります。
つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)をうけていただきたくお願い申し上げます。

◆リコール届出番号:外―1598 〔速度計〕
◆リコール開始日:平成21年7月28日
◆対象車両:2009年式690 ENDURO-R (全車両対象)
◆対策作業内容:全車両、速度計を対策品と交換する。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
2009年式 690 DUKE
2009年4月9日

2009年式 690 DUKEの一部車両のフロントフォークインナーチューブにおいて、製造時の熱処理が不適切なため、強度が不足しているものがあります。
そのため、そのまま使用を続けると、走行時の振動によりインナーチューブに亀裂が生じ、インナーチューブが折損し走行不能になるおそれがあります。
つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)をうけていただきたくお願い申し上げます。
◆リコール届出番号:外―1573 〔かじ取装置(フロントフォーク)〕
◆リコール開始日:平成21年4月9日
◆対象車両:2009年式690 DUKE (一部該当車両のみ)
◆対策作業内容:全車両、フロントフォークの生産日を確認し対象となる生産日のフロントフォークを良品と交換する。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
2007年式 990SUPERDUKE R
2007年12月12日

2007年式 990SUPERDUKE Rのかじ取装置のステアリングダンパーにおいて、取り付けブラケットの設計・素材が不適切なため、ブラケットに亀裂が入ることがあります。
そのため、ステアリングダンパーを保持できなくなり、ステアリングダンパーがラジエターと干渉し、かじ取操作ができなくなり事故に至る恐れがあります。
つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)をうけていただきたくお願い申し上げます。
◆リコール届出番号:外―1449 〔かじ取り装置(ステアリングダンパー)〕
◆リコール開始日:平成19年12月12日
◆対象車両:2007年式990SUPERDUKE R
◆対策作業内容:全車両ステアリングダンパーのブラケットおよびクランプを対策品と交換する。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問合せいただき、作業日時をご予約されることをお勧め致します。迅速な作業実施につとめますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
2007年式 200/250EXC, 250EXC-F, 525EXC-R
2007年7月26日

燃料タンクのキャップの材質が不適切なため、当該キャップが燃料により膨潤し、燃料タンクとキャップの間に隙間が生じ、気密性が劣るものがあります。
そのため、そのまま使用を続けると、燃料が漏れて、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。
つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
ご注意: クイックリリース(90度回して取外す)タイプの燃料タンクキャップが対象となっております。
◆リコール届出番号:外-1424 〔燃料装置(燃料タンクキャップ)〕
◆リコール開始日:平成19年7月26日
◆対象車両:2007年式 200EXC, 250EXC, 250EXC-F, 525EXC-R
◆対策作業内容: 燃料タンクのキャップを対策品に交換いたします。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
2006年式 250SX-F 2007年式125SX, 250/450SX-F 《SX/SXF(競技専用)モデル》
2007年7月26日

燃料タンクのキャップの材質が不適切なため、当該キャップが燃料により膨潤し、燃料タンクとキャップの間に隙間が生じ、気密性が劣るものがあります。
そのため、そのまま使用を続けると、燃料が漏れて、最悪の場合、火災に至るおそれがあります。
つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
ご注意: クイックリリース(90度回して取外す)タイプの燃料タンクキャップが対象となっております。
◆対象車両:2006年式 250SX-F 2007年式125SX, 250/450SX-F 《SX/SXF(競技専用)モデル》
◆対策作業内容: 燃料タンクのキャップを対策品に交換いたします。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。
是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
(競技専用車両のSX/SX-Fモデルは、公道を走行出来ないモデルのため、国土交通省リコール届出対象外となっておりますが、同様の部品交換作業を実施していただきますようお願い申し上げます。)
2003年~2007年式 950/990Adventure (S) 、950Supermoto 、950Superenduro R
2007年6月22日

下記の年式、モデルを対象にリコールを実施いたします。大変お手数ですが、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡のうえ、リコール対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
(ご注意:年式・モデルによって、必要な対策作業の内容が異なります。)
◆リコール届出番号:外-1416(後輪の制動装置及び、燃料タンク)
◆リコール開始日:2007年6月22日
◆対象車両:
2003年~2005年式 950Adventure (S)
2005年~2006年式 950Supermoto
2006年式 950Superenduro R
2006年式 990Adventure (S)
2007年式 990Adventure(Sモデルは除く)
◆対策作業内容:
①後輪の制動装置において、キャリパーピストンの遮熱構造が不適切なため、制動時の発生する熱でブレーキオイルが高温になることがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキオイルが沸騰し、最悪の場合、ベーパーロックが発生し、制動力が不足するおそれがある。 -作業内容:後輪のキャリパーピストンを対策品と交換する。
②後輪の制動装置において、マスターシリンダーの油路及びインナーカバーの構造が不適切なため、インナーカバーとブレーキオイルの間に気泡が残っているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、リザーバタンクの液量が減ったときにその気泡がオイルラインに混入し、最悪の場合、制動力が不足するものがある。 -作業内容:車両のモデル番号を確認し、後輪のマスターシリンダー一式又はインナーカバーを対策品と交換する。
③後輪の制動装置において、ABSブレーキホースの取り回しが悪いため、エンジンの振動によりブレーキホースが共振し、ブレーキオイルに気泡が発生しやすくなるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、気泡が増加し、最悪の場合、制動力が不足するおそれがある。 -作業内容:後輪のABSブレーキホースを対策品と交換する。
④燃料タンクの構造が不適切なため、左右の内圧が均一でなくなるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、燃料供給が適切に行われず、エンジンが停止し、再始動できないおそれがある。また、燃料タンクの内圧が異常に上昇した場合、ガソリンキャップを開けると突然ガソリンが噴出し、最悪の場合、火災に至るおそれがある。 -作業内容:燃料タンクに左右の内圧を均等にするためのコネクションホースを取り付ける。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
2007年式 690 Supermoto、690 Supermoto Prestige
2007年6月13日

2007年式の690 Supermotoの後輪の制動装置において、ブレーキパッドの材質が不適切なため、制動時に異常な振動が発生することがあります。そのため、そのまま使用を続けると、後輪スポークホイールのスポーク部(690 Supermoto)または、後輪キャストホイール(690 Supermoto Prestige)に亀裂が発生し、最悪の場合、ホイールが損傷し、走行不能となるおそれがあります。 つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
◆リコール届出番号:外-1415 〔制動装置(ブレーキパッド)〕
◆リコール開始日:平成19年6月13日
◆対象車両:2007年式 690 Supermoto及び690 Supermoto Prestige (但し、同型・同年式でも対象とならない車両があります。詳しくはKTM正規ディーラーへお問合せください。)
◆対策作業内容: 全車両、後輪のブレーキパッドを対策品と交換する。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
2007年式 990ADVENTURE ABS, 990 ADVENTURE S, 950 SUPER ENDURO R
2007年6月7日

2007年式の990ADVENTURE, Sタイプ及び950SUPERENDURORモデルのスイングアームに取り付けられているチェーンガイドの組付工程において、固定ネジにネジロック剤を塗布していないものがあるため、車両の振動等によりネジが緩むものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、ネジが外れ、チェーンガイドが動いドライブスプロケットとチェーンとの間に噛み込まれ、最悪の場合、後輪がロックして転倒するおそれがあります。 つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
◆リコール届出番号:外-1414 〔動力伝達装置(チェーンガイド)〕
◆対象車両:
2007年式 990 Adventure ABS
2007年式 990 Adventure S
2007年式 950 Superenduro R
◆対策作業内容: 全車両、チェーンガイドを固定するネジに、ネジロック剤を塗布し、適正トルクで締める。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
2006年式 990 SUPERDUKEモデル (前輪ブレーキパッドの交換)
2007年4月27日

006年式 990SUPERDUKEの(一部の車両)前輪の主制動装置において、ブレーキパッドの製造工程が不適切なため、パッドとバックプレートが剥離するものがあります。そのため、そのまま使用を続けると、パッドがキャリパーから脱落し、最悪の場合、ブレーキが利かなくなるおそれがあるので、対象車両は、全車、前輪のブレーキパッドを良品と交換する必要があります。
つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
◆リコール届出番号:外-1403 〔制動装置(ブレーキパッド)〕
◆対象車両:2006年式 990 SUPERDUKE(車台番号の下6桁918845までの車両)
(車台番号の下6桁918846以降の車両、及び、全2005年、2007年モデルは対象ではありません。)
◆対策作業内容: 全車両、前輪のブレーキパッドを対策品に交換する。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
2006年式 990 ADVENTUREモデル(Sモデル除く) (ABS警告ランプの交換)
2006年8月21日

2006年式 990 ADVENTUREモデルにおいて、ABSの解除時及び故障時に点灯するABS警告ランプ(兼、ABSキャンセルスイッチ)の防水構造が不適切なため、内部に水が浸入して腐食し、警告ランプが点灯しないことがあります。そのため、ABS故障時及びABSキャンセル時のABSが作動しない状態になっている場合に運転者が認識できず、急ブレーキをかけた際にホイールがロックし、最悪の場合、転倒するおそれがあります。
つきましては、緊急にKTM正規ディーラーにご連絡の上、リコール対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
◆リコール届出番号:外-1340 〔制動装置(ABS警告ランプ)〕
◆対象車両:2006年式 990 ADVENTURE
◆対策作業内容: 全車両、ABS警告ランプを対策品に交換する。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。
迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。
是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
99~03年式 400/640LC4E、640アドベンチャーモデル (フロントホイールの再交換)
2005年7月26日

本リコールは、平成16年11月8日発表の「外ー1174」の対策を見直し、再度ご対応をお願いするものです。
お客様各位には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
(前回のリコールにて一度、ホイールを交換している車両も、再度交換が必要です。)
1999~2003年式 400/640LC4E、及び640アドベンチャーモデルにおいて、前輪ホイールのハブの強度及び捻れ剛性が不足しているため、走行時の負荷の高いブレーキ操作を繰り返し行うとハブが変形しスポーク部に応力が集中して折損することがあります。そのため、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、折損したスポークがタイヤチューブを損傷させ、前輪タイヤがパンクし走行不能となるおそれがあります。
つきましては、緊急にKTM正規販売店にご連絡の上、リコール対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
◆リコール届出番号:外-1244(フロントホイールの交換)
◆対象車両:
1999~2003年式 400LC4E, 640LC4E
99~03年式 640アドベンチャー 
◆対策作業内容: フロントホイールを対策品と交換いたします。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。
迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。
是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
2005年式 990 SUPERDUKEモデル (パックプレッシャーバルブの交換)
2005年6月14日

2005年式 990 SUPERDUKEモデルにおいて、エンジンのブローバイホースに取り付けられている、バックプレッシャーバルブに不適切なものがあるため、エンジン内圧が適切に抜けず上昇することがあります。そのため、シリンダーヘッドカバーのガスケットが抜けてオイルが漏れ、最悪の場合、漏れたオイルがタイヤに付着し、転倒に至るおそれがあります。
つきましては、緊急にKTM正規販売店にご連絡の上、リコール対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
◆リコール届出番号:外-1237 (バックプレッシャーバルブ)
◆対象車両: 2005年式 990 SUPERDUKE
◆対策作業内容: バックプレッシャーバルブを取り外し、延長パイプを取り付ける。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。
迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。
是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
1999~2003年式 400/640LC4E、640アドベンチャーモデル (フロントホイールの交換)
2004年11月8日

1999~2003年式 400/640LC4E、及び640アドベンチャーモデルにおいて、前輪ホイールの製造時において、スポークの張りが均一ではなかったことが判明いたしました。 
対象車両において、最悪の場合、スポークが折損しタイアチューブを損傷させ、前輪タイヤがパンクし重大事故につながるおそれがあります。
つきましては、緊急にKTM正規販売店にご連絡の上、リコール対策作業(無料)を受けていただきたくお願い申し上げます。
尚、本件は先日実施させていただきました、02~03 640アドベンチャーモデルでのスポーク折損防止のための緊急安全点検に関係のある不具合原因が判明したことによるものであります。
原因の調査が長期にわたり、皆様にご迷惑をおかけしたことと深くお詫び申し上げます。
◆リコール届出番号:外-1174 (フロントホイールの交換)
◆対象車両:
1999~2003年式 400LC4E, 640LC4E
1999~2003年式 640アドベンチャー 
◆対策作業内容: フロントホイールを(新しいタイヤを組み付けた)対策品と交換いたします。
お願い:
作業を迅速に行うため、最寄の正規ディーラーに予めお問い合わせいただき、作業日時をご予約されることをお勧めいたします。
迅速な作業実施に努めますが、場合によってはお客様の車両をお預かりさせていただくこともありますので、ご了承ください。
是非ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。