レースレポート ご記入上の注意点

KTMコンティンジェンシー・プログラムに申請する際には、下記の注意事項をよくお読みになり、参戦レポートをご提出ください。 WEBサイトの申請フォーム(仮申請)にはタイトルのみをご記入いただきます。
仮申請をしていただいた後、ご登録のメールアドレス宛てにレポート記入ページのURLが届きますので、項目に沿ってレポートを作成してください。
レポートをご提出してはじめて申請完了となります。

■雛形の項目を参考に、KTMのReady To Raceのスピリットを一人でも多くのバイクファン、レースファンと分かち合うことを目標に熱い思いやレースの興奮をレポートにして仕上げてください。

■KTMジャパンWEBサイトやKTMファン.jpのレースレポートをご参考にしていただくとイメージしやすいかもしれません。

■各項目はガイドラインです。項目ごとに全て書かなくても、ストーリーの中でポイントが押さえられていれば結構です。むしろ箇条書きは避けていただき、レースへの熱い取り組みを活き活きとレポートしてください。

■単なるレースの説明、リザルトの説明を求めているわけではありません。文字数に制限はありませんが、最低でも全体で800~1200字程度になるようお書きください。

■ご記入内容がReady To Raceのスピリットとコンティンジェンシープログラムの目的に沿わない場合には、レポートを再度ご提出頂く場合がございます。

■申請内容等でご不明の点などありましたら、下記連絡先まで直接お問い合わせください。
KTMジャパン コンティンジェンシー・プログラム担当  03-3527-8885 (平日9:30~17:00)

 
以上