シングルエンジンのマイルドな鼓動。
ストリートで超軽快な比類無きスポーツバイク。
690DUKE R 試乗インプレッション 第2回 by Tsutomu Matsui

街中で、990SUPERMOTO Rから690DUKE Rにパッと乗り換えると、まるでボリューム感の違いに驚くことになった。コイツは軽い。驚くほど軽い。跨った後、スタンドをはらうためにバイクを直立させ たときの軽さ。そして足を付く時、足に掛かる重量の軽さ。シングルエンジンを搭載するモダンなロードスポーツが希少な今、690DUKE Rのようなキャラクターは貴重な存在だ。

走りの世界に引き込んでくれる690DUKE R。

走りの世界に引き込んでくれる690DUKE R。

DUKEはコーナリングファンに浸れるマシンだった。

DUKEはコーナリングファンに浸れるマシンだった。

市街地では車重そのものが軽いこともあるが、690DUKE Rの動きそのものが軽快に煮詰められている。このバイクが履いているダンロップGPR-α10を以前他機種でテストしたとき、ハイグリップタイヤらしいソ フトさで、ハンドリングが重く感じたが、DUKE Rにはそれもない。ナチュラル。嫌な重さを出さず、さりとて不安になるような軽さもない。シングルスポーツでこうした乗り味を楽しめるのは嬉しい。
そしてストロークアップで排気量をあげたエンジンだ。アイドリングから3500回転あたりまではやや振動成分がストックの690用LC4エンジンより多 いような気もする。でも不快なものではない。ストロークアップによりトルク感が増し、大股で加速する(ドカンと前に押し出すのではなく、追い風に乗る、あ るいは緩い下り坂を一段高いギアで加速するようなイメージ)。車体の軽さ、エンジンのキャラクターも手伝って、自分ではそんなに加速したつもりがなくて も、速度の乗りは早い。スピードメーター要注意だ。クラッチの操作性が良く、例えば右折待ちで交差点の中央で止まっていても、発進の時にいやな緊張感に包 まれることがない。回転を上げて走る必然性を感じないので、アクセルオフ時にスリッパークラッチの存在も忘れがちになるほど。ハイエンドなパーツ使いをす る690DUKE Rだが、よく二人乗りをするユーザーならこのエンジンの特性がタンデムランにも向いている、と見抜いているはずだ。
高速道路に入る。エンジンの回転はそれなりに高まるが、振動レベルが不快な領域になることはなかった。ドコドコドコっと粒の大きな鼓動が連続的になって もDUKE Rのエンジンはトルクフルなまま。望むとあれば想像以上のダッシュを追い越し加速で決めてくれる。シートは細身ながらライダーの座面幅をつけることで快適 な座り心地を提供してくれる。遠出も得意科目だ。コンパクトなライディングポジションとなる690DUKE Rは、ステップ位置も比較的前にありアップライトなポジションだが、高速走行時は意外とリラックスして走る事が出来た。
もう少しワインディングに入ったら前傾姿勢のほうが決まるのでは、と思っていたそのポジション。実際にワインディングに踏み入れるとまったくの杞憂で あったことが分かる。むしろちょうど良い。太いトルク感を伴う加速は高回転まで枯れることがなく、まだ伸びる! と驚きつつ、指一本で制動力を引き出せる フロントブレーキを操って速度をコントロールする。その時、このポジションが減速Gを受け止めやすいのだ。そしてコーナリングもDUKE Rの存在を示すものだ。軽い身のこなしだが、ヒラヒラしすぎることがない。エンジン下にサイレンサーを装着するなど、マスの集中化が効いている。車体後部 に重たい物がない自然な一体感。さらに前後のタイヤの接地感をしっかり味わいながら自信を持って曲がっていける。こんな時、軽くトルクフルなエンジンを乗 せるシングルエンジンロードスポーツというパッケージの妙を知ることになる。ストックのDUKEも相当なものだが、5000回転以下でのトルクフルさ、そして8000回転までの伸びの良さ。この二面性をタウンスピードでのマイルドで扱いやすい特性に加えると、ほぼ全域 文句の付け所がない690DUKE Rに再び驚くことになる。やっぱりこのテイストを楽しめるのはDUKEだけしかなさそうだ。

市街地での個性的な存在感はもちろん、こうしたツイスティーロードでの走りにファンモデルとしての素質が備わることがわかる。

市街地での個性的な存在感はもちろん、こうしたツイスティーロードでの走りにファンモデルとしての素質が備わることがわかる。