ファン且つクール。走ることで深めるKTMワールド。
990SUPERDUKE 試乗インプレッション 第2回 by Tsutomu Matsui

以前知人に「KTMの990SM系と990SUPER DUKEはドコが違うの?」と質問されたことがある。「990SUPERMOTOからタンクなどの外装を変えてテールの短くしたのがSUPER DUKE」とシンプルな分類術に我ながら感心したが、外観を換えただけでは勿論ないし、乗り味も似ている部分と違う部分が明快にあり、ざっくり説明するだ けでは収まらなかったので、その時はうやむやに説明してしまった。
基本的にLC8エンジンが持つ高性能ながらフレキシブルなパワー&トルクの特性、リッターバイクながらコンパクトで軽い、という美点は共通している。そ して、990SUPERDUKEとSUPERMOTO系モデルとナニが決定的に違うのか。彼に説明したよりもっと詳しく説明します。

太陽の当たり具合によって荒い粒子のメタリックがギラッとした跳ね返りを飛ばす。基本的に素直なハンドリングを持つ。

太陽の当たり具合によって荒い粒子のメタリックがギラッとした跳ね返りを飛ばす。基本的に素直なハンドリングを持つ。

深いリーンアングルで回り込むコーナー。安定感が高く、それでいて自 在に操っている充実の感覚が魅力。

深いリーンアングルで回り込むコーナー。安定感が高く、それでいて自 在に操っている充実の感覚が魅力。

大きいのはポジションからくる受ける印象の違い。今回990SUPERMOTO Rも同日にテストが出来たのでこの点がすごく解りやすかった。まずエンジンフィーリングの違い。両車のLC8エンジンは最高出力で4馬力、最大トルクで 3Nm、990SUPER DUKEのほうが高い値を出している。しかし、パッと乗って力強さを感じるのが実はSUPERMOTO Rの方だ。これはステップ位置がオフ車的に前方にあり、相対的にポジションがアップライトで上体が起きているから、加速Gが腹筋にダイレクトに届きやす い。そしてSUPERMOTO Rのファイナルギアレシオが2.411なのに対し、SUPER DUKEは2.375とハイギアードなためアクセルを開けた瞬間の加速感の違いに関わっているはずだ。
これにより前傾したSUPER DUKEのポジションが加わると、ライダーとしてはSUPER DUKEのほうがむしろアクセルの開け始めが余計にマイルド(といっても遅いワケではないですよ)な印象となる。気構える必要がない。特にツーリング中に 走る気持ちよい道には見通しの悪い所も少なくない。だから右手の操作に神経を使わずにすむのは嬉しい。そして制動力を軽い力で引き出しやすいラジアルポン プ式のフロントブレーキマスターの存在も忘れられない。コントロール性がよく、姿勢変化に無駄のないWPサスペンションの特性もあって、バイクを素直に コーナリングに導いているかのような一体感を楽しめる。SUPERMOTO Rもコーナリングファンはかなりのもの。しかし、SUPER DUKEが持っているワインディングロードを駆ける一連の動き、良くできたスポーツバイクらしいシームレスな一体感はさすが。
これはペースを上げれば上げるほど乗り手の感性に直接アクセスするような感覚で、バイクを操る楽しさに浸ることができる。こんな場面でもエンジンの特性 が生きてくる。コーナリングから安心してアクセルを開けていけるため、990SUPER DUKEが持つ旋回性をより高く引き出せ直線からの減速→コーナリング→立ち上がり→直線へ加速、という流れが実にスムーズ。多くの部分で 990SUPERMOTO Rにも共通する部分を見いだすことが出来るが、コーナリングに向けてのライダーの身体の動かし方、そして加速に向けてのイン側に入れた身体を戻す動きのス ムーズさなど、ワインディングでの所作で990SUPEER DUKEの気持ち良さがリードする。

昨年6月、オーストリア取材に出掛けた時、KTM本社に近いワインディングでKTMのテストライダーが駆る990SUPER DUKEに追い抜かれたことがある。前日の雨で流れ出した砂や小石が所々でた川沿いの道を、彼は綺麗に流れるように抜けて行く。いつものコースらしいのだ が、制限速度の違い以外、日本の荒れた峠道という風情の道で鍛えられたこのバイク、なるほど、ファンとタフさが詰まっている。僕の中でも今回のテストで、 あの時見た映像と、今回の乗り味という実像にピントがあった。そんな意味でワインディング好き、でも手強いのは嫌い、という人に自信を持って勧められる一 台なのである。

たしかにリアエンドがすっぱりと短い990SUPER DUKE。ストリートファイター的なルックスながら、実は上質なスポーツバイクでもある。

たしかにリアエンドがすっぱりと短い990SUPER DUKE。ストリートファイター的なルックスながら、実は上質なスポーツバイクでもある。