KTM JAPAN営業 山家がアドバイスする、
KTM・ストリートモデルの選び方 第2回
690SMC/450SMR、690ENDURO/ENDURO R編

690SMC

690SMC

みなさんこんにちは! KTM JAPAN、営業担当の山家輝真です。前回に続き「KTM・ストリートモデルの選び方」におつきあい宜しくお願いします! 第1回KTMがストリート用に 2007年にリニューアルさせた水冷単気筒エンジンを搭載した690DUKE、690DUKE Rについてお話ししましたが、今回はその他のLC4搭載モデルを紹介します。まず690SMCで す。KTMが用意するスーパーモトのラインナップ中、ストリートリーガルとしては軽さとパワーのバランスが際だつ一台です。それでいてスーパーモトのアグ レッシブさをサーキットからそのまま取って出ししたようなデザインが魅力です。2008年、新型LC4エンジン搭載のファミリーが形成された段階で、もっ ともサスペンションストロークが長かったモデル、という伝説をさらった一台です。ストリート用ですが、手を抜かない、抜けないマッティグホーフェンの技術 者達が作り上げた情熱的スーパーモト、それが690SMCなのです!
さらにホットな450SMRも ありますが、こちらは競技専用。ストリートを走ることが出来ません。690SMCの魅力は、140キロを切る車体に63ps(46.3kw)という高出力 エンジンを組み合わせることで抜群のスポーツ性と、扱いやすさが同居している事です。もちろん、足つき性も抜群、とは言えませんが、このスタイルが好き、 ビッグシングルの軽さ、パワフルさを求めていた! という方には一つの模範解答なはず。
690SMCの2010年モデルは、グラフィックが新しくなったことは勿論、見逃せないのが一般的なスポークホイールを履きながら、KTMの技術で チューブレス専用ホイールとしたことです。KTMはオフロードを走るモデルに関しては頑なにチューブタイヤを採用しています。これは整備性に有利であるこ とがその理由です。しかし、690SMCのようにストリートメインの車両ならばチューブレスタイヤの選択肢を使わない手はありません。これはマーケットの 流れにも合致するものです。結果的にチューブを省くとことで足回りの軽量化を達成し、ますます走りに磨きがかかっています。690LC4が提供するビッグ シングルエンジンとストリートライディングの融合。どうぞ体験してみて下さい。

KTMの魅力的なモデル群の中でもビッグシングルエンジン搭載の690シリーズは、比類ない個性を持っています! 私、山家も640DUKEⅡに乗っていた経験がありますが、新型エンジンの快適性能と運動性の良さは特にオススメです!

KTMの魅力的なモデル群の中でもビッグシングルエンジン搭載の690シリーズは、比類ない個性を持っています! 私、山家も640DUKEⅡに乗っていた経験がありますが、新型エンジンの快適性能と運動性の良さは特にオススメです!

690ENDURO/ENDURO Rの魅力そのままに2010年は継続投入!
さて、次なる690LC4モデルは、ENDURO/ENDURO Rです。世界的にストリートリーガルでこれほどまでにハイパワー、これほどまでに本格派、というオフロードモデルは例を見ません。まずこちらが690ENDUROそしてこちらが690ENDURO Rで す。車体スペックはエキスパートでも高い満足感をもたらす仕様になっています。しかし、LC4エンジンの真骨頂は全域で見せるその扱いやすさです。滑りや すいオフロードでは時にハイパワーは諸刃の剣。路面にしっかりと伝達できる出力特性でなければ、リアタイヤが空転するばかりで前に進みません。トラクショ ンです。690LC4エンジン搭載の他モデル同様、ENDURO/ENDURO Rも電子制御スロットルがライダーの意志をパワフルかつ効率的に路面に伝えるための仕事をします。さらにこれも他の690LC4エンジン搭載モデル同様、 出力特性を変更できるコントローラーを装備。アグレッシブでは俊敏なレスポンスをしめし、ノーマル、そして冒険旅行中に出くわすオクタン価の低い燃料に遭 遇しても走り続けられるように、ローパワーモードも選択が可能です。もちろん、新型LC4エンジンは高速道路の移動や、市街地走行でも期待に応えます。あ る意味、KTMらしさを濃縮したのが、LC4搭載の690ENDURO/ENDURO Rです。ストリート・オフロードモデルもKTMが造るとこうなる、という魅力をあなたも是非ご確認下さい。お近くのKTMディーラーにお問い合わせください。
次回はRC8シリーズについてお話します!

450SMR

450SMR

690ENDURO

690ENDURO

690ENDURO R

690ENDURO R