EPISODE OF LC4 MODEL 第1回
KTMビッグシングル、690LC4がオモシロイ!

2008年に勢揃いした690LC4ファミリー。右から690ENDURO、690DUKE、690SMC、そして2007年に先行投入された690SM。690SMのフレームをベースに690DUKEは造られていた。

2008年に勢揃いした690LC4ファミリー。右から690ENDURO、690DUKE、690SMC、そして2007年に先行投入された690SM。690SMのフレームをベースに690DUKEは造られていた。

そして現在の690LC4の代表モデル、690DUKEと690SMC。ロードモデルとダートとターマックをクロスオーバーする魅惑の2台。

そして現在の690LC4の代表モデル、690DUKEと690SMC。ロードモデルとダートとターマックをクロスオーバーする魅惑の2台。

軽量、コンパクト、ハイスペック。その伝統を守る690LC4エンジン。

軽量、コンパクト、ハイスペック。その伝統を守る690LC4エンジン。

減速時のエンジンブレーキやシフトダウン時にバックトルクによるリアタイヤのスキッドを低減するスリッパークラッチ。

減速時のエンジンブレーキやシフトダウン時にバックトルクによるリアタイヤのスキッドを低減するスリッパークラッチ。

バルブクリアランス調整しやすいようにとの配慮からカムカバーを載せる面を大胆に斜めにしたシリンダーヘッド。インテークバルブは軽量バルブを使う。

バルブクリアランス調整しやすいようにとの配慮からカムカバーを載せる面を大胆に斜めにしたシリンダーヘッド。インテークバルブは軽量バルブを使う。

エンジンマップスイッチ。ソフト/ノーマル/ハードとレスポンスが鋭くなる。また粗悪ガソリンマップも用意され(ENDURO/ENDURO R/SMC)旅先でのトラブルを未然に防ぐ配慮もされている。ENDURO/SMC系はシート下に。DUKEではリアショック右側にマウントされている。

エンジンマップスイッチ。ソフト/ノーマル/ハードとレスポンスが鋭くなる。また粗悪ガソリンマップも用意され(ENDURO/ENDURO R/SMC)旅先でのトラブルを未然に防ぐ配慮もされている。ENDURO/SMC系はシート下に。DUKEではリアショック右側にマウントされている。

640LC4エンジンから飛躍的に振動を低減させた690LC4エンジンのクランクとバランサー。苦もなく遠出が可能だ。

640LC4エンジンから飛躍的に振動を低減させた690LC4エンジンのクランクとバランサー。苦もなく遠出が可能だ。

2007年、690SMの登場で幕を開けた新型LC4エンジンの歴史は、2008年2月に発表された690DUKE、690SMCそして 690ENDUROにより第三世代へとモデルチェンジを完了し現在へと続きます。2010年モデルには690DUKE、690DUKE R、そして690ENDURO、690ENDURO R、690SMCの5機種が用意されています。このLC4ファミリーは世界的にみても希少なビッグシングルスポーツモデルであり、KTMらしい走りの楽し さと、ハイエンドなパーツでパッケージされた魅力的なモデルです。そこでKTMLC4ファミリーを探訪する冒険に皆さんをご招待したいと思います。

まずLC4モデルの魅力の源泉であるエンジンから紹介しましょう。パワーユニットは水冷OHC4バルブシングルシリンダーエンジンで、 102mm×80mmのボア×ストロークから654㏄の排気量を得ています。690ENDURO/690ENDURO R、690SMC用の690LC4エンジンは、63ps(46.3kw)/7500rpm、64Nm/6000rpmを発揮。たった一つの燃焼室、たった 一つのピストンから生み出されるパワーとは思えない数値ではないでしょうか。さらに690DUKE用ユニットは66ps(48kw)7500rpmと 67Nm/5500rpmを引き出します。注目なのが2010年に加わった690DUKE R用LC4エンジンです。ストロークを2.5mm伸ばし102mm×82.5mmとしたことで排気量が690㏄にアップ。ストリート用LC4エンジンとし ては最もパワフルな最高出力70ps(51.5kw)/7500rpmと最大トルク70Nm/5500rpmを得ています。
「ここまでパワフルだと神経質で扱いにくいのでは?」と心配になるのも無理はありません。しかし1994年に620LC4エンジンを搭載してデビューした 初代DUKEの時からパワフルなのに扱いやすい、が伝統になっているのがLC4ユニットの特徴です(ヒストリックモデルを参照してください)。

690にモデルチェンジした際690LC4エンジンは、長距離でも快適なクルージング性能、厳しさを増す環境性能への対応、そしてファンライディングの 源となる動力性能と扱いやすさを得るために新技術を投入しています。吸気系にはφ46mm相当のスロットルボアに電子制御スロットルを備え、ライダーの意 志とエンジンが最も親密になれるよう適切な開度でスロットルを制御。勿論燃料は電子制御で噴射されています。しかも乗るシチュエーションによってエンジン レスポンスを選択できるように、ソフト/ノーマル/ハードのマッピングを用意。3段階に切り替えを可能にしたロータリースイッチがそれを可能にします。さ らに690ENDURO/690ENDURO Rと690SMCには良質な燃料が手に入らない状況(80オクタン程度のガソリンにも対応可能なように)粗悪燃料マッピングのモードも用意されています。 ユーザーが冒険旅行に出た途上で無用なメカニカルトラブルに遭わないようにとの配慮です。正にユーザーの行動半径を意識した物造りがなされているのです。
また、DUKE、SMC、ENDUROでそれぞれアクセルに対するエンジン特性のキャラクターを最適化するなど、隅々にまでKTMの思いが詰まっているのがLC4エンジンなのです。他にも特徴があります。
駆動系では、従来型LC4では5速だったトランスミッションが6速となりトルク変動の少ないシフトフィールを楽しめるようになりました。また、シフトダ ウンやアクセルオフでリアタイヤがホッピングするのを和らげるスリッパークラッチも装備。こうして性能を磨かれたLC4エンジンが持つパフォーマンスの一 端を示すエピソードを一つ。テストコースを全開で走ると、DUKEのファイナルギア設定で200km/hを越す最高速度をマークし、サーキットではマルチ シリンダー600㏄のスーパースポーツモデルに長いストレートでは道を譲るものの、コーナーでは軽さと自由度から自在に料理が出来る(テストライダー談) という性能が与えられています。
次回もオモシロイLC4ファミリーのエピソードをおつたえします。