中村浩史の125 DUKEのある生活――第6回
信号ダッシュで先に行く原2スクーターを追い詰める快感。

実際に街乗りして思ったのは、125ccの非力さと、それを補うエンジンのベースパフォーマンス。125ccの非力さっていうのは、もちろん発進時とか低回転のトルクのなさなんですが、前にも書いたように、トルクは排気量に比例するものだから、これはしょうがない。
むしろ125ccにしてはキッチリいいトルクが出ています、125 DUKE!

そのトルクを補うエンジンの“素の性能”っていうのは、たとえば開ける、閉じる両方のスロットルレスポンスだったり、フリクションが少ないエンジン回転上昇の早さだったり、つまり125 DUKEは、ちょうどパワーの出ている回転域を使いやすいんですね。
125 DUKEの水冷DOHC単気筒エンジンは4000rpmくらいからパワーが盛り上がり始めて、6000rpmでもう一段伸びて、8000rpmでトルクピーク、10000rpmオーバーまできっちり回り込みます。レブリミットの設定は、工場出荷時には11000rpmかな、これは自分でも設定できます。

街中を走るとき、トンと発進してビィィーンと回転をあげて、幹線道路なんかだと制限速度の50km/h巡航しますよね。えー、正直ぼくはこの120%くらいで走ってますが(笑)、6速60km/hは約4800rpmです。
キビキビ走るようにメーターを見ていると、6500rpmシフトアップくらいがキモチいい。でもちょっとのんびり走りたい、特に急いでない時なんかは5000rpmシフトアップ。パワーのある回転域はもうチョイ上なんだけど、正直これくらいで十分なんですね。

街中を走っていると、よく原付2種スクーターにカラまれるんだけど、信号ダッシュで先に出たスクーターを、信号2つ3つかけてじりじり追い詰める感じ(笑)。パワー的にはあんまり不満を感じないし、初めて自分のバイクとして接する125ccが、こんなに使い勝手がいいのか、とびっくりしてるほどです。

それに、ただ街中を走ってるだけでも、なんか楽しいんだよね。バーグラフのタコメーター、それにシフトインジケーターを見ながらシフト操作をして、前後サスの動きを感じて走っていると、これがスポーツなんだな、って感じ。特に前後17インチホイールの直進安定性のよさは、街乗りをして初めて気づかされました。一般道のあちこちにある、ちょっとしたギャップにフラフラするスクーターとは、そこが根本的に違いますね。

そして、さすがに注目のモデルだけに、街を走っているとものすんごい視線を感じます。これまで、信号待ちで3回、出先で2回、声かけられました。これって多い回数だよね?

「これって125 DUKEですよね」
「これKTMかい?」
「これなんシーシーですか?」
質問はこの3種類。雑誌やwebで存在を知っていて、実車を初めて見た、ってのと、存在感があって思わず声をかけちゃった、ってパターン。うーむ、やっぱ目立つなぁ!(続く)