690 SMC / 690 DUKE Rの魅力を語る。
ビッグシングルのスポーツカテゴリーで敵なし。
──フリーライター・中村浩史

KTMは、誤解されている。ヨーロッパのオフロードモデルオリジンなブランドで、キャッチフレーズが“Ready To Race”。これ、ものすごいガチンココンペティションなんじゃなかろうか、と多くの人が考えている。

初めて乗ったKTMは90年代中期の初期型620 DUKE。オフモデルのエンジンを流用してストリートバイクに仕立て上げたモデルで、まだまだ大排気量オフロードモデルっぽさが十分に残っていた印象がある。
あれから10年。久しぶりに試乗したKTMはビッグシングルの690 SMC。れっきとしたストリートバイクだが、オフモデルルックスでマフラーがガツンと天を衝いている。うひゃぁ、これまたスゴいコンペモデルか…と思ったら、これがまるで印象が変わっていたのだ。

もともと600ccを越えるシングルエンジンと言うだけあって、低回転トルクがドカン、振動が硬質でエンジンブレーキも強烈と、扱いやすいワケがないと思っていたのに、690 SMCは、誰もが真っ先に使う2000rpm〜3000rpmといった低回転域ですばらしくスムーズだった。その上、体が置いて行かれるほどの低回転トルク、中回転のスピードの乗りと、高回転のシャープな伸びをすべて兼ね備えたエンジンに仕上がっていた。

袖ヶ浦サーキットで690 SUPER DUKE Rに乗る中村浩史さん。

袖ヶ浦サーキットで690 DUKE Rに乗る中村浩史さん。

正直、加速でも減速でも意のままにコントロールできるビッグシングルを、僕は他に知らない。振動はバランサーが見事に打ち消してくれて、低速トルクはほどよく調教されて唐突さがなく、エンジンブレーキはスリッパークラッチが制御してくれている。なのに加速感は強烈で、これはひとつのスポーツバイクの原点だなぁ、と思ったほどだった。

2011年春。KTMが開催してくれたメディア向けのオールモデル試乗会では、690 DUKE Rで袖ヶ浦サーキットを走り回った。思い切ってスロットルを開けていけるシチュエーションでも、やはりスムーズなエンジンフィーリングをたっぷりと味わい、オフモデル出身らしいスリムで軽量な車体を十分に満喫した。同時に乗ったRC8 Rと同等以上のラップタイムだったはずだが、恐怖感なく楽しく乗ることが出来た。

国産車では今まで存在したことがない「ビッグシングルのスーパースポーツ」は、ストリートでスムーズに扱いやすく、スポーツランで笑っちゃうほど刺激的。
いまKTMは、少なくともビッグシングルのスーパースポーツで敵なし、しかもストリートランも難なくこなすと言う意味で、世界のトップにいるのだと僕は思う。