役者はやはり役者でしたねぇ。すばらしい。

アヘッドというフリーマガジンがあります。もし、手に取ったことが無いというオレブロの読者の方、ぜひ一度手にしてみてください。タダですから、大丈夫。気に入ったら、定期的に貰えるようにしていきましょう。バイクやクルマに関係のあるショップさんなどで配布しています。

で、その『アヘッド』の取材にオレンジ隊員がくっついて行きました。今回取り上げられたのは、690 ENDURO Rです。ライダーは、俳優で小説家で映画監督でもある、大鶴義丹さん。オートバイ好きとしても知られている方ですから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。サーキットイベントにもよくいらっしゃっているのですが、今回はオフロード。ちょっとミスマッチな感じもしてそれが楽しみでした。

が、義丹さん、若いころはオフロードバイクでレースにも出ていたそうで、昔取ったキネヅカってやつですね。いい機会だから思いっきり楽しみたい! とおっしゃって来社されました。KTMが用意したのは690 ENDURO R。690ccなのにオフ? 過激すぎて乗れなくない? シート高が異常に高くない? なんて声もよく聞きますが、実はとっても乗りやすいスーパーマシン。もちろん、排気量ならではの豊かなトルクが豪快な走りにいざなってくれますが、たっぷりとストロークが取られたサスペンションはただ硬いだけではありませんから、1Gできっちり沈みこんでくれる上に、厳しいギャップも何事も無かったかのようにこなしていきます。腕のいいライダーならたまらないバイクです。

というわけで、義丹さんもそんな690 ENDURO Rの魅力にどっぷりはまってしまった感じ。撮影場所までの公道でも思い切り前輪を高々と持ち上げて走り出し、そんなイキオイはオフに入っても変わりません。思いっきりオフをダイナミックに楽しんで、いい汗かいて下さったのでした。

ひとっ走りして一服のギタンさん。

ひとっ走りして一服のギタンさん。

もちろん、せっかくオフに来たんですから、KTMならではのエンデューロマシンも味わってもらいます。というわけで、オレンジ隊員が用意したのは250 EXC-F。690 ENDURO Rでダイナミックに走った後、軽快なエンデューロマシンでタイトなコースを攻め込みます。これまた違う楽しさ発見! というわけで、撮影そっちのけで楽しんじゃうイキオイです。250 EXC-Fには、パワーパーツを組み込んでさらにマシンをアップグレードさせていますから、楽しさもさらに上。おまけに、なかなか味わえないオートクラッチも装備しているのでこれも楽しんでいただきました。人間の左手以上とも言われているオートクラッチですから、慣れるとすごい武器になります。

250 EXC-Fで走る!

250 EXC-Fで走る!

250 EXC-Fを堪能した後は、もう一度690 ENDURO Rで遊びます。こんどはちょっとスプラッシュな感じで。丁度、あちこちに川ができていて、いい感じで遊べる状態でした。いやまあ、転んじゃうとまずいんですがそこはライダーとしても手馴れている義丹さん。難なくこなして走ります。

撮影が終わってからもめちゃくちゃに690 ENDURO Rが気に入ってしまった義丹さん。そのまま自走でお帰りになり、次は林道ツーリングにいくことになりました。しばらく楽しんでいただきながら、あちこちでお披露目して宣伝に一役買っていただきましょう。

なお、この撮影の様子や大鶴義丹さんのコラムは、フリーマガジン『アヘッド』でご覧いただけます。まもなく手に入る次号で、たっぷりとお楽しみくださいね。

690 ENDURO Rでスプラッシュ!

690 ENDURO Rでスプラッシュ!