2012 New Model Impression 500EXC
従順なる野生。逞しいマイルド感。
不思議な両立を楽しめるKTMマジック。 By 松井 勉

KTMの4ストロークEXCシリーズがずらっと並ぶテスト会場で500EXCを見つけるのは意外とムズカシイ。外観サイズが250、350と変わるところが無く、フィンランドカラーのSIXDAYSが並ぶバイク達のデポでは、サイドカバーに貼られた小さな排気量の数字に頼らざるを得ない。
しかし、列から引っ張りだしてみると500EXCのエンジンはさすがにコンパクトなフレームの中でもひときわ大きな存在感を放っている。

エンジンに火が入るや、明らかに違うオーラを放つ。軽快に回る250や350に対し、500のエンジンはレスポンスの素早さのあとで、回転が下がる時、ドドドドッと周りを震わせる。

手強そう──正直ひるむ。コースに500を向ける。250で気軽に全開、350で上体を前傾して全開にして走ったヒルクライムを、パートスロットルで同等以上に加速し駆け上る。

排気量の大きさ、パワーとトルクの大きさを早くも実感。しかし、コントロールしやすいコンパクトな車体(これは250や350と同様)の恩恵で、右手のコントロールに集中できる。少しばかりラフに扱ってもいきなり後輪があちらを向いてしまったり、竿立ちするようなロデオ状態になることがない。コントロールの幅が広く、つまりマイルドからワイルドに移行するエリアがとても広い。出力特性がスムーズかつ予測しやすいのだ。

全開で行けばパワフルなことはもちろんだが、50%以下のアクセル開度で250や350と同等の走りを引き出せる感じに馴れると、500EXCにとても親しみが湧いてくる。楽して良いペースで走れるからだ。ややハードな設定のサスペンションとわずかに開けた時に後輪を駆動するトルクの大きさとを合わせて、ギャップを踏み切るのがとても楽。ジャンプも同様。速度を乗せ、軽くアクセルを開けるだけで250EXC-F以上に滑らかに飛んでくれる感じがする。エンジン回転を低く保って走っているので精神的にかなり余裕がある。
500EXCの性能の70%以上を引き出すには体力もテクニックも必要だが、そこまでをマキシマムとして走るなら本当にフレンドリーだ。

その要因はエンジン特性にあることはもちろんだが、500クラスのエンジンを積んだバイク、という重みをどこにも感じないパッケージにもある。
直線では排気量の恩恵でラクに。そしてコーナーでは250同様の車体特性ともいえる軽さで駆け抜けられる自在感。

サスペンションはピッチングを引き出すのも簡単だし、吸収性はとてもよい。コーナリング中にパワーを乗せて行けば、スムーズに後輪がスライドするし、荷重を後輪にかければフロントを軽く持ち上げたまま、理想的な旋回を続けてくれる。走っている自分をコーナーの草むらから眺めたいぐらいキマッた感を簡単に味わえる。

つまりフロントをパワーでリフトするのも、コーナーでリアをスッと出して向きを変えるのも、安全な直線で異次元の加速を楽しむのも、このパワーユニットならあっけないほど簡単なのだ。むしろ250クラスで、トルクとパワーを引き出し、狙い通りのラインで狙い通りにそれらを行うより、はるかにイージー。
インジェクションとエンジンの相性も抜群。右手の操作に過度な反応を示すことなく、意のままに走れる。ミッションのタッチやシフトの確かさ、クラッチのコントロールしやすさも250同様。

こうしたコントロール系の軽さと触感も500は手強いという先入観をドンドン溶かしてくれる。これはオフロードライディングに対する作り手の引き出しの多さの現れだと思う。

E3クラスの絶対王に君臨するバイクだからさぞや手強いのでは・・・・・。最初はそう感じていたが、アクセル、クラッチの軽く操作できる感触や、うかつにちょっとアクセルが開いてしまっても、収束させやすいコントロール性、それでいてビッグシングル的ずぼらもできる懐の深さ。

正直、このクラスのバイクで、これだけのアグレッシブさと平和な世界を簡単に行き来できたのはこれが初めてだ。もし、贅沢な選択が許されるなら、ファンライド用に500EXCが欲しい。本当にそう思う。

KTMの開発者は言っている。
「2012年モデルで一番その進化度が分かるのが500かもしれない」
この言葉の意味が理解できた気分になれた。心から脱帽である。