New Model Impression 2011 990 SUPER DUKE R
袖ヶ浦フォレストレースウェイで走らせたKTM の魅力──第2回
最も過激な990LC8エンジン+高性能シャーシを
サーキットで解き放つと……。By 松井 勉

ピットロードに置かれた990 SUPER DUKE Rは、違ったオーラを放っているた。990 SUPER DUKEと基本的に同じデザインで造られていながら、オレンジにペイントされたフレーム、オレンジ色のコイルを使ったリアサスペンションユニット、そしてエンジン下に覗く極太のエキゾーストパイプとシングルシートになったリアエンドなど、スポーツバイクとしての色、KTMの“Rファミリー”としての装束をまとったからなのだろうか?

答えは跨がった瞬間に分かった。

まずシート位置が高い。相対的にハンドルバーが低く前傾姿勢が強い印象だ。そしてサスペンション。跨がるだけでスッと沈む量が990  SUPER DUKEと比較して少ない。いくらかハードな印象だ。さらに990 SUPER DUKEのシートより明らかにクッションの厚みが薄く、まるでウレタンフォーム一枚のレーサーに乗っているような感じだ。
これは車体の姿勢にも現れている。ステアリングヘッドアングルをより立て、最低地上高を10mmアップ。インナーチューブにチタンコートを施したフロントフォークのストロークはスタンダードと同じだ。しかしリアサスペンションは10mm少ない150mmとし、全体的に運動性向上を強く意識していることがうかがえる。

もちろんエンジンも専用だ。排気量999㏄は同じながら、圧縮比を11.5:1から12.2:1までアップ。最高出力は990 SUPER DUKEの120ps/9000rpmから132ps/10000rpm、最大トルクは100Nm/7000rpmから102Nm/8000rpmへと鍛えている。
その上昇率よりも高回転型にシフトしたことが“R”の性格を想像させる。同じ排気量で高回転型に振れば、ボトムエンドのパワーとトルクは細くなる。むしろ、生粋のスポーツエンジンとして躾けられているのだ。

走り出すとがっちり固めたリアサスペンションが不要なピッチングを許さない印象だ。それだけにフル加速をしても、フロントを持ち上げるような方向性ではなく、レーザービームのように水平方向に加速をしていく印象だ。

タイヤの接地部分どころか、タイヤの熱が適温かどうか分かるくらい情報が豊富。冷えた状態では明らかにグリップ不足するほど高荷重設定になっている。それを理解し、数周の内にタイヤに熱を入れるよう意識する。そして戦闘開始、となるワケだ。

990 SUPER DUKE Rは高性能マシンであることは確かだ。だが、敷居の高いバイクではない。懐が深く、LC8エンジンの扱い安さを持っている。

990 SUPER DUKE Rは高性能マシンであることは確かだ。だが、敷居の高いバイクではない。懐が深く、LC8エンジンの扱い安さを持っている。

直線での加速はパワフルだが、決して粗暴ではない。KTMらしい分かりやすい特性だ。そしてタイトコーナーへも安心してトライできるブレーキパフォーマンスも充分。タッチ、コントロール性、それに合わせたサスペンションの設定もチューニングされている。良いバイクはあたかも自分が巧くなったように思わせてくれる。

990 SUPER DUKE Rはすべてにおいて高次元でのライダーとの対話を大切にする。ブレーキングでもスーッと触るよりハードブレーキングでの安定感に重きを置いている。挙動はシャープ。例えばコーナリング中にライダーが起こす挙動でわずかに右手が動いても、それがバイクの挙動として現れるような一面もある。

旋回性能はコーナリング初期から軽く鋭い。その領域にライダー自身をチューニングして掛からないと動かし過ぎて、曲がり過ぎたりしてしまうほど。そうした高性能ならではの謎解きをしながら走るサーキットは、また別の楽しみを与えてくれた。以前、990 SUPER DUKE Rの大ファンだ、というユーザーにお話を聞いたが、「なるほどこれか!」と納得できた。
馴れて行く過程で、ついつい面白くて7500回転から上、つまりレスポンスが最も鋭い領域を使いたくなるが、LC8の持ち味である扱い易さを引き出すために、1段高いギアでアクセルをワイドオープンした方が結果的にラクに速く走れた。その領域でも充分にトルクフルだ。

そしてさらに詰めたければ、この車体姿勢を維持しつつ、リアサスペンションの動きを、好みに合わせてチューニングすることも一つの手だ。まずは自分をバイクに合わせ、そしてバイクを自分に合わせてみる。こうした歩み寄りで生まれる対話と友情みたいなものがWPサスペンションを標準装備するKTMならではの楽しみ方の一つ。

割り切ったかのように思える高性能モデルだが、その懐が深い。いろいろな部分に楽しみへの隠し扉があるようなモデル。それが990 SUPER DUKE Rだと感じた。