「そうだ。もっと、ツーリングに行こう。」キャンペーン
SM Tで行きたい──ステキな風の吹く場所へ。
その1 990 SM Tって?

7月31日までの間、KTM正規ディーラー(コーナーショップを除く)で開催されている990 SM T(2011年モデルを除く未登録新車)を対象としたキャンペーン、そうだ。もっと、ツーリングに行こう」キャンペーン
そのキャンペーンモデル、990 SM Tで、ふらっと出かけたくなるような風景をハンティング!

KTMのモデルラインの中にあるスポーツツアラー、990 SM Tは生粋のスポーツバイクとしての機動性と、長い距離、知らない道へと冒険するためのトラベルバイクとしての装備を持つ一台です。

今回の「そうだ。もっと、ツーリングに行こう。」キャンペーンは、うれしい旅アイテムをプレゼントすることで、ツーリングワールドへのアクセスをぐっと高めたところが魅力です。
そんなキャンペーン仕様の990 SM Tを走らせ、ステキな風景を探しに出かけることにしました。その模様をオレブロでも連載していきます。でもその前に、改めて990 SM Tをご紹介しましょう。

今回のキャンペーンでは、ツーリングスクリーンやバッグなどの旅のアイテムをプレゼント。

今回のキャンペーンでは、ツーリングスクリーンやバッグなどの旅のアイテムをプレゼント。

● 軽量で強いフレームとWPサスペンションのシャーシ。
フレームはクロームモリブデン鋼を使った堅牢かつ高剛性なものでありながら、単体重量9kgと軽量。フロントにφ48mmのインナーチューブ径を持つ倒立フォーク、リアサスペンションは、リンクなどを介さずにスイングアームにマウントされたプログレッシブ・ダンピング・システムのショックユニットを装備。KTMの純正サスペンションはもちろんホワイトパワー製。

このサスペンションは、スプリングのイニシャルプリロード、伸び側減衰圧、圧側減衰圧とも調整可能なフルアジャスタブル。オーナーズマニュアルには、標準仕様のサスペンションセットの他、コンフォート、スポーツというバイクのキャラクターをお好みに合わせられる推奨セットアップも掲載されています。

このサスペンションは、フロントに160mm、リア180mmとたっぷりとしたストロークが与えられています。市街地の荒れたアスファルト、高速道路でのクルージング、そしてワインディングなど、不意に現れるギャップにも充分な性能を発揮します。

990 SM Tが履く前後のタイヤは、マルケジーニ製ホイールにフロント120/70ZR17、リア180/55ZR17を装着。この組み合わせは、スポーツツーリングモデルの多くが選ぶサイズだけに、KTM推奨のリプレイス用タイヤの中から最新トレンドを盛り込んだ高性能タイヤを選択する楽しみも加わります。

スタンダードよりもハイトを増したツーリングスクリーン。これでウインドプロテクション効果をさらにアップ。

スタンダードよりもハイトを増したツーリングスクリーン。これでウインドプロテクション効果をさらにアップ。

●KTMが誇るLC8エンジンを搭載。
990 SM Tのエンジンは、水冷V型DOHC4バルブ2気筒のLC8エンジンです。これは2001年、ダカールラリー(ダカールラリー10連覇の出発点でした)で実戦デビューを果たしたワークスマシン、950ラリーに搭載されたものがベースになっています。KTMはストリートマシンに搭載するエンジンの耐久性、特性などをダカールラリーでテストしていたわけです。
このエンジンの進化形である990 SM Tのエンジン。軽量、コンパクト、そしてパワフルかつ扱いやすいというワークスマシンに求められた特徴をそっくり受け継いでいます。

熟成された990 SM T用のLC8エンジンは、ライダーの意志通りのパワー特性を引き出せるのが特徴です。116馬力と97Nmという最高出力、最大トルクの絶対値よりも、アクセルワークに合わせてどの様に引き出すか、に主眼が置かれている点がKTMらしい部分。バイクを体の一部のように扱えなければ楽しくない、それが原点です。

そして、SM T用に開発されたオプションのサイドバッグ。

990 SM T用に開発されたオプションのサイドバッグ。

● パッケージとしての妙
990 SM Tは燃料を含まない状態で196kgという軽量パッケージの車体も大きな特徴の一つ。スーパースポーツモデル並の軽さを持っています。

そして忘れられないのがツーリングモデルとしての才能です。標準装備するリアキャリア、専用デザインのサイドバッグをわずか数秒で装着可能にしたマウントの装備など、KTMらしいアイディアにあふれたディテールは見逃せません。

そうした素性の良さをそのままツーリングでもっと楽しめるようにしたのが今回のキャンペーンなのです。

(写真左)990 SM Tに標準装備されたマウントに、サイドバックを取りつけるには、左右で10秒と掛からないでしょう。二つのレールにバッグを差し込み、カチャッとはめるだけ。世界最速の着脱性能を持つラゲッジパニア、と言われる所以がここにあります。(写真右)また、ナイロン素材を使ったこのバッグがとても軽量であること、それでいて、内部のコンパートメントはスーツケースのようにファスナーを持つネットで仕切られていることなども特徴です。

(写真左)990 SM Tに標準装備されたマウントに、サイドバックを取りつけるには、左右で10秒と掛からないでしょう。二つのレールにバッグを差し込み、カチャッとはめるだけ。世界最速の着脱性能を持つラゲッジパニア、と言われる所以がここにあります。(写真右)また、ナイロン素材を使ったこのバッグがとても軽量であること、それでいて、内部のコンパートメントはスーツケースのようにファスナーを持つネットで仕切られていることなども特徴です。

リアバッグも盛り込まれています。

リアバッグも盛り込まれています。

 

このバッグ、コンパクトですが、必要に応じて可変容量式となっている点も見逃せません。機能は認めても、リアボックスの大きな存在感が苦手、という方には是非オススメです。

このバッグ、コンパクトですが、必要に応じて可変容量式となっている点も見逃せません。機能は認めても、リアボックスの大きな存在感が苦手、という方には是非オススメです。

● ヨーロッパ仕様のレインスーツ

そしてKTMのPOWERWEARにラインナップされるレインスーツも今回のキャンペーンのために用意されました。上下セパレートの使いやすいタイプのレインスーツの特徴もお伝えしないわけにはいきません。
上下ともブラックにオレンジのストライプを配した精悍なルックスです。アッパーは肩と背中、パンツは膝の部分にリフレクティブマテリアルを使うことで、夜間、対向車、後続車などからの被視認性を確保する安全設計です。

インナーはドラマチックなオレンジ。メッシュインナーとすることで、ライディングジャケットなどの上に着用した場合でも張り付き感を低減。インナーポケットもメッシュ生地だけで作られるため、長時間の走行で浸透してきた水がたまることがありません。左右2つのインナーポケットと、アウターにも一つの胸ポケット(ファスナー付き)があるため、収納も便利。

袖口、襟もと、そしてウエストのフィット感を高めるように、ベルクロやドローコードを使ったアジャスターが備わっています。また、襟の内側に起毛素材を配備することで、首にナイロン生地が張り付く不快感もありません。

フロントはレインモールを装備したフラップをベルクロで留めるため、前面からの雨の侵入に対して高い効力を発揮します。

嬉しい工夫はパンツにも見られます。レングス全体に配置したサイドジップで、仮にオフロードブーツを履いたままでも着脱のしやすさは抜群。ブーツを履いたまま足を通そうとして、おっとっと! と踊ることはもうありません。
裾、ウエストにもアジャスターを装備。インナーや体格に合わせたフィッティングが可能になっています。
使い勝手の良い装備として、アッパー、パンツともにハンガーフックなどにかけるリングを装備しています。ニクイ装備ですね。

●まだまだ広げられる990 SM Tの世界
今回のキャンペーンに用意されたアイテムをツーリングのためのアドバンテージとしてKTMライフをより輝かせるものになるはずです。
もし、もっとシステムアップしたい、というシチュエーションでも安心。KTMのPOWERPARTSカタログには、 さらに大容量のラゲッジパニアと専用マウントキットなども用意されています。

是非このチャンスに990 SM Tとのステキなバイクライフを!