ヒストリック・モデル第12回
DUKE物語 その4
最高のアジリティーを提供する心臓のルーツを探る

「ビッグシングル」と呼ばれる大排気量の単気筒エンジン。エンジンとしては最低単位であり、スリムでモーターサイクル全体の重量を軽くする可能性に富んで います。DUKEはKTMにとってエンデューロバイク、モトクロスバイクが持つ運動性の高さをロード向けにアレンジした、野心的なロードバイクでした。そ のアジリティーの高さに、思わず乗り手もファンライディングに興じたくなる模様は前回お届けした通りです。そのウキウキするような乗り味は、現行DUKE まで続く伝統となっています。しかし単気筒エンジンならばどれでもDUKEのようになるかのか。それは違います。そこでDUKEの心臓を紐解いてみたいと 思います。
KTM製ビッグシングルのルーツを紐解くと、それが単なるビッグシングルではないことが解ります。フリードリッヒ・アーン著『KTM 世界チャンピオンを生み出すオーストリー・メーカー』によれば、それは1987年へと遡ることになります。
「KTMは自社製の高効率4サイクルエンジンを大量生産に移し得る完成度にまで開発をすすめていた。KTMは当初、4ストロークエンジンの研究開発をグラーツ大学の独立した研究所に委託するつもりでした。しかし結局のところKTMのエンジニア、ハッティンガーを中心に社内開発が進められたのです。ユニークなのは2ストロークエンジ ン、KTM500MX用のクランクケース回りをベースとして、その上にシリンダー、シリンダーヘッドなどの4ストローク単気筒エンジンを造っていった点で す。できる限り多くの量産部品を流用して完成したエンジンは、排気量553cc、OHC4バルブヘッドを持つ水冷エンジンでした。こうして生まれたユニッ トは決してストリート用としてツーリングに適した出来ではなかったが、性能が驚くほど高く、同排気量の単気筒ユニットとしては軽量で、荒々しく回転する極 端なスポーツ・エンジンだった。確かに極端な始動の問題で購入者を困らせたりもした……」とあります。
KTMが開発当初からこのエンジンをベースに、DUKEを造ることを考えていた証左は見あたりません。しかし、80年代にオフロードスポーツを取り巻く 環境意識の高まりは(例えば、後輪にFIM公認エンデューロエコロジータイヤなるブロック高を低め、ライド&シー比率を決めた土壌へのインパクト低減に根 ざした、タイヤ規定などを思えば、パワーユニットにおいても無関心ではいられなかったはずです)、KTMに新しい挑戦の道を選ばせたとしても不思議ではあ りません。
つまり、DUKEのエンジンユニットがルーツとするLC4エンジンは、生粋のレーシングエンジンだった、として間違いないのです。軽く、ハイパワー。エンジンのキャラクターは、そのままロードバイクとしてのアジリティーを高いものへと昇華させたのです。

LC4エンジンを搭載するENDUROをベースにしたビッグタンク搭載モデル、600 LC4 INCAS。

LC4エンジンを搭載するENDUROをベースにしたビッグタンク搭載モデル、600 LC4 INCAS。

当時、このエンジンについてインタビューを受けたエリック・トゥルンケンポルツは、スイスの専門雑誌「Moto Sport」の中で次のように述べている。「我々には、2サイクルエンジンは、道路交通において、もはや将来の排ガス規制をクリアできないであろうということは明らかである。したがって、我々は、初めに他社の4サイクルエンジンを使って実験をした後、4バルブヘッドの自社製エンジンの開発に自ら着手した。いくつかの初動の困難の後に、現在、我々の560ccエンジンは満足に機能している。今後500ccと350ccのモデルが後に続くであろう」と答えています。ご存じの通り、現在もKTMは2ストロークエンジンの性能の高さ、軽さ、コスト的メリットを重視し、環境性能も含め販売と開発を続けるメーカーです!

当時、このエンジンについてインタビューを受けたエリック・トゥルンケンポルツは、スイスの専門雑誌「Moto Sport」の中で次のように述べている。「我々には、2サイクルエンジンは、道路交通において、もはや将来の排ガス規制をクリアできないであろうということは明らかである。したがって、我々は、初めに他社の4サイクルエンジンを使って実験をした後、4バルブヘッドの自社製エンジンの開発に自ら着手した。いくつかの初動の困難の後に、現在、我々の560ccエンジンは満足に機能している。今後500ccと350ccのモデルが後に続くであろう」と答えています。ご存じの通り、現在もKTMは2ストロークエンジンの性能の高さ、軽さ、コスト的メリットを重視し、環境性能も含め販売と開発を続けるメーカーです!

カムチェーンテンショナー、デロルトのキャブレター、そしてペンとルーフ型の4バルブヘッド。

カムチェーンテンショナー、デロルトのキャブレター、そしてペンとルーフ型の4バルブヘッド。

カムチェーンテンショナー、デロルトのキャブレター、そしてペンとルーフ型の4バルブヘッド。

カムチェーンテンショナー、デロルトのキャブレター、そしてペンとルーフ型の4バルブヘッド。