Monthly Archives: 12月 2011

田中太一選手がファンの皆さんにメッセージ<後編>
どんな経験も次へつなげるパワーにする! それがTaichi流だ!

どんなときでも前へ突き進む攻撃力で人気の田中太一選手。今回はそんなプロライダーの視点を存分に感じられる直筆レポートの第2回──『JNCC AAGP グリーンバレー』の参戦記をお楽しみください。ちょっと残念な結果になってし [...]

田中太一選手がファンの皆さんにメッセージ <前編>
来シーズンはもっとファンのみなさんにエキサイトしてもらいますよ!

アグレッシブな走りでファンを魅了しつづける田中太一選手。その華麗なテクニックはもちろんなのですが、最大の魅力はなんといっても前へ前へと突き進むその攻撃力。そのアグレッシブさはライディングだけでなく彼のパフォーマンスすべて [...]

2012年POWERWEAR PROTECTOR
ソアとKTMが考えるチェストプロテクター、
3タイプそれぞれの特徴と魅力は?

挑む勇気と安心感を与えてくれるプロテクターは、ライダーにとって大切なギアです。転倒時はもちろん、エンデューロコースで前を行くライダーが跳ね上げた石が飛んできても、細い枝が当たったとしてもダメージを軽減し、ライディングへの [...]

690 DUKE Rの魅力を語る。
ワインディングを楽しむにはバッチリ二重丸!
── BIKERS STATION編集長 佐藤康郎さん

ひとつの話題を深く掘り下げるだけでなく、気に入らなければオートバイの改善までしてしまう2輪専門誌『BIKERS STATION』。その面白さと深さでファンの方も多いと思います。また、2011年7月号、8月号、10月号に掲 [...]

戸井十月のバハ1000チャレンジ 第5回
午後12時10分、ゼッケン212Xがフィニッシュ!

スタートして約4時間後の午前11時前でした。戸井さんがアクシデントを起こしたガレ場の峠道にさしかかったとき、212Xを走らせていた松井 勉は自らのミスで転倒。左肩を痛めてしまいます。 ロングディスタンスレースでは急ぎすぎ [...]

世界一の草レース、もて耐参戦記 第3部
No KTM, No Life!

「もて耐マスターズ」もいよいよ佳境。レースにつきもののトラブルをどう乗り越えるのかっ! そして感動のゴールはやってくるのかあっ!!(タタンタンタン)さてさてKTMレーシング、今回の走りはいかに??

世界一の草レース、もて耐参戦記 第2部
7時間のレースが始まった。序盤トップに立ったKTMレーシング!

世界一の草レース?!、「もて耐マスターズ」の参戦レポートも、いよいよレーススタートの感動をお伝えする回がやってきました。緻密なレース運びとか、コンマうん秒を削るテクノロジーとか、まあそんなのは置いておいて、バイクで走る楽 [...]

世界一の草レース、もて耐参戦記 第1部

バイクは世界中で最も楽しい遊びのひとつ。そう考えているKTMは、ファンのみなさんもレースやオフロードライディングに積極的。Ready to Raceというのはいろんな意味があるのですが、文字通り「そのままでレース」という [...]

戸井十月のバハ1000チャレンジ 第4回  
350 XCF-Wが、バハの大地を駆け抜ける!

11月18日、前日の車検を問題無くパスし、212Xのエントリーナンバーを貼った350 XCF-Wはレーサーらしく精悍。バハ1000のスタート地点は荒野に向かう緊張感とレース前の興奮が入り乱れた空気に満ちていました。我々ラ [...]

戸井十月のバハ1000チャレンジ 第3回
コースの下見を兼ねたプレランでアクシデントが……。

チーム・エルコヨーテは2台の350 XCF-Wを“バハ1000”にエントリーさせる計画です。1台は戸井十月+宮崎雄司組、もう一台に松井 勉+後田繁春組がそれぞれコンビを組み、お互いを助け合いながら1135キロ先にあるフィ [...]