Category: ニューモデル・インプレッション

690 DUKE Rの魅力を語る。
ワインディングを楽しむにはバッチリ二重丸!
── BIKERS STATION編集長 佐藤康郎さん

ひとつの話題を深く掘り下げるだけでなく、気に入らなければオートバイの改善までしてしまう2輪専門誌『BIKERS STATION』。その面白さと深さでファンの方も多いと思います。また、2011年7月号、8月号、10月号に掲 [...]

690 ENDURO Rの魅力を語る。
決まった! に数多く出会えるビッグ・オフロード。
──モーターサイクル・ジャーナリスト 松井 勉さん。

「今度はデザートからハイスピードで走ってくるシーンを撮影しよう。向こうから来るとブッシュの所にギャップがある。そこでバハ1000レーサーみたいにフロントを上げてみてほしいんだ」 690 ENDUROのメディア試乗会が行わ [...]

690 SMCの魅力を語る。
乗り手を怖がらせない“丁度いい高性能”なんです。
──ビッグマシン編集部・吉岡直矢さん

ビッグマシン編集部(内外出版)で12年間にわたり雑誌作りにたずさわる吉岡直矢さん。初めてのKTMは660 SMC。そして2008年に登場した690 SMCに乗り換えました。690 SMCオーナーとして立場から、その魅力に [...]

690DUKE Rの魅力を語る。
まさに“スポーツシングル”と呼びたくなるマシンです。
──八重洲出版 別冊モーターサイクリスト編集部・縞田行雄さん

「小誌・別冊モーターサイクリストの企画で『ミドルクラス選手権』という連載をしたことがあります。これはミドルクラスの排気量のバイクをジャンルごとに集め、各カテゴリーのライバル機種の中から編集部でベストワンを選び、その勝者を [...]

690 SMC / 690 DUKE Rの魅力を語る。
ビッグシングルのスポーツカテゴリーで敵なし。
──フリーライター・中村浩史

KTMは、誤解されている。ヨーロッパのオフロードモデルオリジンなブランドで、キャッチフレーズが“Ready To Race”。これ、ものすごいガチンココンペティションなんじゃなかろうか、と多くの人が考えている。

New Model Impression 2011 990 SM T
袖ヶ浦フォレストレースウェイで走らせたKTMの魅力 第5回
KTMがやるとトラベリングバイクもやっぱりこうなる! By 松井 勉

990 SM Tのコンセプトとは、“スポーツツアラーのKTM流解釈の提案”だと思う。 では、スポーツツアラーというジャンルのバイクってどういうモノだろう? 大排気量でハイパワー、メーカーのフラッグシップ的色合いを追ってい [...]

New Model Impression 2011 990 SM R
袖ヶ浦フォレストレースウェイで走らせたKTMの魅力 第4回
磨き上げた足周り──思わずヤンチャしたくなる。 By 松井 勉

KTMには、ストリートモデルに“R”の一文字を加えた、より走りの本質に向けてピュアに作りこまれた”R”ファミリーがある。すべてのKTMは、WPサスペンション、高性能なエンジン、ブレンボのブレーキシステム、クロームモリブデ [...]

2012 New Model Impression 150XC
軽い! そして想像以上のパワーと乗りやさ。By 松井 勉

富士ヶ嶺オフロードで乗った4ストロークモデル以上に、ある意味印象的だったのが150XCだ。オレンジ+黒のKTMカラーのボディをまとっていながら、2012年モデルのニュースを搭載したモデルで、プレーンながら定番のKTMカラ [...]

New Model Impression 2011 990 ADVENTURE
袖ヶ浦フォレストレースウェイで走らせたKTMの魅力 第3回
地球という惑星の道を味わい尽くす、
マルチテレーンツアラーの高い本質。By 松井 勉

990 ADVENTUREに一目置いている。性能、スタイル、装備はもちろん、その奥にある走りの本質がいつでも心を震わせるからだ。 1997年に登場した水冷単気筒のLC4エンジンを搭載する620 ADVENTUREから“冒 [...]

2012 New Model Impression 500EXC
従順なる野生。逞しいマイルド感。
不思議な両立を楽しめるKTMマジック。 By 松井 勉

KTMの4ストロークEXCシリーズがずらっと並ぶテスト会場で500EXCを見つけるのは意外とムズカシイ。外観サイズが250、350と変わるところが無く、フィンランドカラーのSIXDAYSが並ぶバイク達のデポでは、サイドカ [...]